任意売却専門のプロに相談してローンの返済ができる

空室にならない対策

賃貸借契約書の注意点

賃貸物件を借りるときはよく契約内容を確認して、内容を理解してから契約を結ぶことが大切です。賃貸借契約書には、賃貸物件に住むうえで大事な約束ごとが記載されています。家賃の支払い方法や家賃を滞納した場合の対応のしかた、契約更新期間と契約更新料、退去するときの連絡方法や解約のしかたなど、重要な事柄が沢山記載されてあるので、しっかり目を通してからサインをすることが大切です。 賃貸借契約書にサインをする前に、重要事項説明書に沿って不動産屋の宅建免許保持者がわかりやすく説明をしてくれます。もしも分からないことがあったら質問をして、不満な点は改善してくれるように言えば、交渉次第でいい条件を引き出せることもあります。

仲介手数料無料の賃貸とは

最近よく見かけるようになっているのが仲介手数料無料の賃貸物件です。通常、賃貸を不動産会社を介して借りた場合、仲介手数料がかかります。仲介手数料は貸し主と借り主が家賃一カ月分を折半して不動産会社に支払うのが普通なのですが、借り主側が一カ月分まるごと支払うのが慣習化しています。 仲介手数料無料物件は、それとは逆に貸し主側が仲介手数料すべてを支払ってくれる賃貸物件です。なぜそうしているかというと、借り手をつきやすくするためです。仲介手数料無料物件なら家賃一カ月分お得になります。初期費用を抑えたい人にとっては魅力的な物件です。仲介手数料無料化は空き室対策の有効な手段となっていて、今後も増えていくと思います。